*All archives* |  *Admin*

2017/03
<<02  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  03>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第二部に向けて(磯智明P)
「本物の芝居、生きた時代を感じて欲しい」
                 磯智明 チーフ・プロデューサーから

大河ドラマ「平清盛」をご覧いただき、誠にありがとうございます。放送以来、本当に多くの反響をいただきました。いただいたお便り・メールには、とても真面目に熱心にお書きいただいたものが多く、「平清盛」を気に留めていただきスタッフ一同、心より感謝申し上げます。より多くの視聴者の皆さまに見ていただくよう今後も努力を重ねてまいります。

4月29日の放送から第二部・清盛棟梁(とうりょう)編が始まります。棟梁となった清盛が、保元・平治の乱という時代の荒波を乗り越え、この国のたったひとりの勝者になり、武士の世を目指していく物語です。清盛をはじめ、武士や貴族たちの自らの命運をかけた真剣勝負が繰り広げられていきます。清盛とライバル・源義朝との友情のゆくえ、信西、叔父・忠正との別れ、新しく帝となった後白河天皇と清盛の対決、藤原頼長や崇徳上皇の結末など見どころの連続です。まさに、この時を描くために、さまざまな人間群像を丁寧に描いてまいりました。
先日、鳥羽法皇を演じていただいた三上博史さんは、あるインタビューでこの作品は「すべてのキャラクターを記号的に作らず、立体的に描いている。登場人物一人一人にテーマが込められている」と語ってくれました。このドラマにはベテランから若手まで、それぞれの世代のすばらしい才能をもつ俳優さんがたくさん出演されています。絶妙な俳優の組み合わせによる本物の芝居をぜひ、楽しんでいただきたいと思います。


私はこのドラマを説明する時に、「スター・ウォーズ」をよくひきあいに出します。日本で1978年に公開された第一作は全六部作のエピソード4にあたります。その後、エピソード5、6と描かれた後に、エピソード1に戻り敵役ダース・ベイダーの生い立ちを描いた「ファントム・メナス」がつくられました。
源平合戦も同じです。よく知られている源義経や頼朝による平家打倒の話は、壮大な源平のドラマで言えばそれは後半のワンエピソードにすぎません。このドラマは清盛を主人公に、エピソード1・武士の創世から始まりました。そしていよいよ武士が時代の主役へと上り詰める新たなステージに突入します。
途中から見はじめても分かるように冒頭に情報コーナーもつけます。ホームページも今まで以上に充実させていきますので、ぜひ、今後ともご覧いただきますよう、よろしくお願いします。


01_convert_20120427174208.jpg (クリックで拡大)

02_convert_20120427175159.jpg

03_convert_20120427175218.jpg

04_convert_20120427175236.jpg

05_convert_20120427175254.jpg

平清盛・第16回「さらば父上」
平清盛・第16回「さらば父上」


            tadamori.jpg

≪あらすじ≫
高野山再建を成し遂げた清盛(松山ケンイチ)には安芸守(あきのかみ)の任が授けられ、父・忠盛(中井貴一)も念願の公卿(くぎょう)まであと一歩となった。けれども、忠盛は病に倒れてしまう。そのころ藤原摂関家では、弟・頼長(山本耕史)と兄・忠通(堀部圭亮)の兄弟間での権力争いが激化し、頼長は源為義(小日向文世)を使い忠通邸を襲撃させた。忠通を支持する美福門院(松雪泰子)は、平氏を使って頼長を攻撃するように画策する。しかし、病の忠盛を見舞いに来ていた清盛は、その命令を拒否するように進言。すると忠盛は初めて一門の前で、自分が生きてきた目的は武士の世をつくるためだったと語る。そして清盛に棟りょうの座を譲ることを表明する。


               story16_convert_20120422141055.jpg (クリックで拡大)



 

続きを読む

平清盛・第15回「嵐の中の一門」
平清盛・第15回「嵐の中の一門」

≪あらすじ≫
家盛(大東駿介)は、左大臣・頼長(山本耕史)の謀略にはまり、失意のうちに落馬して命を落とす。突然の訃報に信じられない清盛(松山ケンイチ)。冷たくなった家盛を前に、狂ったように泣く宗子(和久井映見)。忠正(豊原功補)は家盛が死んだのは全て清盛のせいだとつかみかかる。そんな中、忠盛(中井貴一)は、息子の死に揺らぐことはなかった。
忠盛は鳥羽院(三上博史)への忠誠を改めて誓い、高野山の宝塔再建を清盛の名代でおしすすめることを進言する。この大役を務めあげることが、我が子・家盛の供養だと考える忠盛だが、清盛は失意から立ち直らないまま、再建を進める。
やがて一年がたち、院号をうけて美福門院となった得子(松雪泰子)に呼ばれた忠盛は、この再建が落成のあかつきには、公卿の地位も夢ではないということをほのめかされる。高揚する忠盛。しかし、そのとき頼長が忠盛の前にあらわれ、家盛は全て自分を差し出し、自ら平氏一門を売ったのだと告白。忠盛の押さえていた感情が爆発する。


              story15_convert_20120415160521.jpg (クリックで拡大)


続きを読む

平清盛・第14回「家盛決起」
平清盛・第14回「家盛決起」

≪あらすじ≫
釈放された清盛(松山ケンイチ)を待っていたのは、厳しい表情の弟・家盛(大東駿介)だった。清盛について悩む母・宗子(和久井映見)を見かねた家盛は、祇園事件での兄の行動は嫡男にふさわしくない、自らが平氏の跡継ぎになると宣言。そして家盛は、悪評高い清盛に代わり、賀茂の祭りで舞を奉じるという名誉を得る。端正なその舞を静かに見ていたのは、祇園事件で清盛を流罪にできず、悔しい思いをしていた藤原頼長(山本耕史)。家盛を自らの屋敷に呼び、そなたこそ平氏の棟梁にふさわしいとその気にさせる。一方、清盛と義朝(玉木宏)は市場で偶然出会い、酒をくみかわしていた。その二人の前にみすぼらしい身なりの娘が現れる。

家盛(大東駿介)の突然の決起!清盛の運命は?
忠盛(中井貴一)と宗子(和久井映見)の実子である家盛は、血のつながらない清盛を兄として慕ってきた。
その家盛がとうとう清盛に反旗をひるがえし、我こそが嫡男だと主張する。忠盛や清盛はどうする?!


常盤(武井咲)登場!
源義経の母として名高い常盤御前は義朝と清盛の間で数奇な運命をたどります。
演じるのは注目の若手女優・武井咲。今回、意外なかたちで初登場します。お楽しみに。


               story14.jpg (クリックで拡大)

続きを読む

歴史ミステリー 平清盛の夢
録画しておいた
「歴史ミステリー 平清盛の夢
   ~海上神殿・厳島神社の謎を追う~」

                                   みました。

清盛が造り上げた広島県の「厳島神社」。800年以上も前に なぜ、どのようにして海上神殿を実現させたのか。大河で清盛の妻・時子を演じる深田恭子さんが謎に迫ります。

番組内容清盛が造り上げた広島県の「厳島神社」。世界遺産にも登録される海上神殿を、800年以上も前になぜ、どのようにして実現させたのか。最新の研究では、清盛は陸地だった厳島の入り江を掘削して海にし、社殿を築いたという説が浮上。また、中国と深くつながっていた清盛は、厳島神社を造る際、中国の観音の聖地をモデルにしていた可能性も指摘されています。大河ドラマで清盛の妻・時子を演じる深田恭子さんが謎に迫ります。

出演者"深田恭子,
語り三宅民夫


な~にげなくながらでみてたんですがね、
「厳島神社は中国の普陀山に似せてつくったのでは?」・・とかなんとかと・・

なに? 
ふださん・・ほだらくさんて聞いたことあるぞ、
(ちなみにほだらくさん:補陀落山とは観音様ゆかりの南インドの地)

てわけで急に真剣に見ました。

お~、お~、やっぱり出てきたよお。
九州大の陳先生が出してきた中国の古い文献にあったあった。
「・・補陀落山・・」   ・・前後忘れたw

ま、私のしょぼい知識に偶然あったものとリンクしたとか云々はどうでもいいんですがね。
(私=観音さまヲタかしらw)

だいじなことは・・

「普陀山という中国の島と厳島神社の関係」

● 「平家納経」の清盛の写経した部分に、
  厳島神社は『観世音菩薩之化現』と書かれているところもあり、

● 長野県 定勝寺に、厳島神社と普陀山が結びつく手がかりが・・
  鎌倉時代の「補陀落山聖境図」ていう掛け軸が・・。
  その絵の≪潮音洞≫に立たれる観音様これが、厳島神社の原点! なんだって。。
  ※観音様と海との関係てのがっとても重要ポイント。。

まぁなんというか、わたしみたいなのが文章にしてもちっともおもしろくないんでしょうが、

九大の陳せんせいがおっしゃってました。

清盛は中国の普陀山をまねて厳島神社を作ったというだけではなくって、
彼はとても大きなビジョンをもったいた。
彼は、
日本を、中国と対等な貿易をし、対等な政治をしようと計画していた。

・・だそうです。。

などなど、細かいことはかききれませんでしたが、
また再放送とか、ネット(NHKアーカイブス)でも見られるんじゃないかな。
おもしろかったです。


・・・・・

(続きは↓に)

続きを読む

プロフィール

Author:かぼちゃん
ふたりの男子の母です
松山ケンイチさん大好きだぁw

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。