*All archives* |  *Admin*

2017/06
<<05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
八重山吹
昨日近所を歩いていたら、とても甘い良い香りが…
あるお宅のお庭に ふと眼をやると ≪八重山吹≫。

八重山吹
ヤエ山吹     ←↑ 八重山吹です
         (カメラを持ち歩いてなかったので、もらった画像ですスミマセン。。)

で・ですね、山吹について調べてみましたヨ♪

≪太田道灌(おおたどうかん)と山吹伝説≫
道灌が父を尋ねて越生の地に来た。突然のにわか雨に遭い農家で蓑を借りようと立ち寄った。その時、娘が出てきて一輪の山吹の花を差し出した。道灌は、蓑を借りようとしたのに花を出され内心腹立たしかった。後でこの話を家臣にしたこところ、それは後拾遺和歌集の「七重八重 花は咲けども 山吹の実の(みの)一つだに なきぞ悲しき」の兼明親王の歌に掛けて、家が貧しく蓑(みの)ひとつ持ち合わせがないことを奥ゆかしく答えたのだと教わった。古歌を知らなかった事を恥じて、それ以後道灌は歌道に励んだという。
 ※太田道灌…太田 道灌/太田 資長(おおた どうかん/おおた すけなが)は室町時代の武将。武蔵国守護代。本姓は源氏。扇谷上杉家家宰太田資清(道真)の子で、家宰職を継いで享徳の乱、長尾景春の乱で活躍した。江戸城を築城した武将として有名である。
夢見ヶ崎:川崎市幸区にある「夢見ヶ崎(ゆめみがさき)」という地名は、道灌の見た夢に由来しているという。多摩川と鶴見川に挟まれ、近くを鎌倉街道が走るこの場所は、築城するのにとても適した場所であったが、この地に宿営していた道灌が「一羽の白い鷲が私の兜を掴んで南西の地へ持っていってしまった」という夢を見て不吉だと感じ、築城を断念したとされる。そのため兜を南西の地へ埋め、新たに築城する場所を探したとされている。ちなみに現在は夢見ヶ崎動物公園の東端にある9号古墳跡地に太田道灌碑と八幡宮が、横浜市駒岡には兜塚の碑が建てられている。 (Wikiより)

…おお!
出ました夢見ヶ崎(笑)。夢見ヶ崎動物公園行ったことありますw(以前関東に住んでましたw)。
小さな動物公園だけど、レッサーパンダとか おったなあ(笑)。太田道灌碑が隣接地にあったのも記憶しております。。
山吹から、懐かしの地へとつながるとはwww

短歌が出てきたので、もうひとつ。。


やっぱ西行さんでしょw

 「 山吹の花咲く里に成ぬればここにもゐでとおもほゆるかな 」

   ※ここにもゐで・・・京都府綴喜郡井手町は古来、山吹と蛙の名所でした。
     山吹がたくさん咲いているので、山吹で有名な井手がここにもあるのか
     と錯覚するくらいである、ということです。
   ※おもほゆるかな・・・漠然として、思う、考える、願う、望む、感じる

  解釈・・・「山吹の花咲く里となったので、ここにも山吹の名所である井手が
                              出現したかと思われるよ。」
                         (新潮日本古典集成山家集から抜粋)

         …以上、《まぐまぐ!西行辞典》より

        最後までお読み頂き、ありがとうございました。。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

かぼちゃん

Author:かぼちゃん
ふたりの男子の母です
松山ケンイチさん大好きだぁw

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。