*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『僕達急行 A列車で行こう』初日舞台あいさつ
松ケン&貫地谷、故・森田監督の遺作公開に感無量

    ⇒ ニコニコニュース 3/25

 俳優の松山ケンイチ、女優の貫地谷しほりらが24日、都内で行われた映画『僕達急行 A列車で行こう』初日舞台あいさつに出席。昨年12月に亡くなった森田芳光監督(享年61)の遺作となった本作に主演した松山は「本当はここに森田監督もいたはずなんですが…残念です」と悔やみながら「人と出会い楽しみながら、ポジティブに生きることを教わりました。ありがとうございます」と感謝。貫地谷も「あの撮影の環境にいれたことが幸せでした」と目を潤ませた。

 同作は大企業で働くマイペースな青年・小町圭(松山)と下町の鉄工所の跡取り息子・小玉健太(瑛太)という対照的な二人が、趣味の鉄道を通して友情を深め、仕事や恋に奮闘していくハートフルコメディ。松山は「幅広い作品を撮っている森田監督の原点といえる作風」と紹介し「作品を通して森田監督からのエールが詰まってる。それは皆さんにも、僕にも伝わったと思います」と笑顔をみせた。

 松山の一つひとつの言葉に深く頷いた貫地谷は「私は物事をじっくり考えることがなくて。でも撮影時には森田監督からたくさんダメ出しをされて、何でだろうと自問自答を続けていた。その環境が、今思えば幸せだったと思います」と思い返し、村川絵梨も「今も『頑張れよ』って言われている気がする。この初日で一区切りつくと思うと、ちょっと寂しいですね」と感慨深げに語った。

 舞台あいさつでは劇中の内容にちなみ「旅行したい場所」をテーマにトークを実施。「伊豆に行って綺麗なオーシャンビューを眺めたい」(村川)、「ロマンスカーで箱根に」(貫地谷)とそれぞれが願望を語る中、NHK大河ドラマ『平清盛』の撮影で多忙を極めている松山は「旅行行ってる場合じゃない。お二人の話を聞いてるだけで十分です」と苦笑い。大河と劇中の役柄のギャップに驚いたという観客を前に「僕も、今日どういう佇まいでいればいいのかわらないんですよね」と笑いを誘った。

              4450.jpg

・・・・・

映画 『僕達急行 A列車で行こう』 私も観てきました~! うふ
ご報告?は また後日に(^^)/


スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

かぼちゃん

Author:かぼちゃん
ふたりの男子の母です
松山ケンイチさん大好きだぁw

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。