*All archives* |  *Admin*

2017/05
<<04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
平清盛・第5回 「海賊討伐」
大河ドラマ平清盛・第5回 「海賊討伐」

         4400.jpg

≪あらすじ≫
保延元年(1135年)、朝廷では藤原忠実(國村隼)ら貴族たちが集まり、瀬戸内海を荒らす海賊対策の会議に追われていた。高階通憲(阿部サダヲ)は、権力の奪い合いにうつつをぬかす彼らにあきれ果てる。海賊討伐には源氏を、と推挙する忠実を尻目に、鳥羽院は重用する平忠盛(中井貴一)に海賊追討を命じる。
清盛(松山ケンイチ)を跡継ぎにしたい忠盛は、忠正(豊原功補)の反対をおしきり、清盛に討伐へ加わるよう命じる。出陣した一行は、途中鱸丸(上川隆也)をめぐって清盛と忠正が口論になるなど、足並みが乱れるが、何とか安芸の海に到着し、討伐に出発する。そんな忠盛・清盛たちを待ち受けていたのは、・・・。

≪注目ポイント≫
得子(なりこ)VS 璋子(たまこ)。 女たちの熱き争いが始まる!
鳥羽上皇(三上博史)は后である璋子(檀れい)が祖父・白河法皇と密通していたことに悩まされる。そんな鳥羽上皇の前にあらわれた得子(松雪泰子)は璋子に激しいライバル心を燃やし、愛と権力を巡る争いが朝廷全体を巻き込んでいく。

清盛をとりまく新しい人間関係が展開!
平清盛、源義朝(玉木宏)、佐藤義清(藤木直人)の3人が一堂に会してそれぞれの生き方を語る場面や、高階通憲(阿部サダヲ)と清盛の意外な再会、いつも清盛に厳しい叔父の忠正(豊原功補)が改めて自分の心情を清盛に語るなど、今まで以上に多彩な人間模様が描かれる。 


おおおっ楽しみだあああああ!.+゚.+゚(o(。・д・。)o).+゚.+゚

・・・・・


中井貴一さんのインタビューがUPされています!

  ⇒ NHK「平清盛」中井貴一インタビュー



≪追記≫

おおお、いろんな味のするドラマですわ~w
ひとつひとつのシーン ・・どのシーンも、とても大切な要素や魅力的な場面があって見逃せないんですよね。
今回もおもしろかったですね。
もお、、またぁ、、
もらい泣きしかけた時に ・・またこのタイミングかいw サダヲちゃん あ違、信西さん(笑)
涙あり笑いあり色々あり  (前も言ったかなw)

なんか、ななななんかすんごおおい海賊船登場!
うおおおおおおっ!  てところでまた来週か!
ニクい終わり方。。
おおここでタルカス使ってきたのね、盛り上がった!YO~!

来週も楽しみっ \(^^)/

(あ・↓の日曜美術館の再放送とNHK総合の大河同じ時間かぁ、
 録画とか利用して、両方みてください~ぜひ。)


(つづきもよろしかったら↓)

今日朝の日曜美術館(NHK Eテレ)よかったですよ~。

水流は銀箔(ぱく)だった
  ~尾形光琳「紅白梅図屏風」に新事実~


  ⇒ NHK日曜美術館


日本画家 森山知己さんがこの光琳の紅白梅図を再現してくださったんですがね、
ほお~~、ホンモノのほうも作製された当時はこうであったんだろう、
それにしても、すごいなああああ!

でしたYO~!
さいしょからさいごまでガッツリ見て頂きたい。。

あらためて、≪世界の尾形光琳≫ を再認識します。。

       再放送・・2/12(日)20時~ NHK Eテレ 「日曜美術館」


森山さんの言葉から・・
『この川、これは観察力だけではえがけない。(凄い)イマジネーションです!』
『梅の木が古典的なのに対して、この川は≪デジタル!≫という対比』
↑記憶している部分だけですが、実際再現したかたの言葉ですよw
・・書ききれませんわw他の出演者のかたの感想もステキです。
まとにかく じっくりみてくださいませw


   きょうもご覧いただき、ありがとうございまそいた//
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

かぼちゃん

Author:かぼちゃん
ふたりの男子の母です
松山ケンイチさん大好きだぁw

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。