*All archives* |  *Admin*

2017/08
<<07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
訃報:森田芳光監督
映画監督の森田芳光さん死去=61歳

   ⇒ 朝日ドットコム 12/21

「家族ゲーム」「失楽園」など、現代における家族や男女のありようをユニークな視点で表現した映画監督の森田芳光(もりた・よしみつ)さんが20日夜、急性肝不全のため東京都内の病院で死去した。61歳だった。通夜は23日午後6時、葬儀は24日午前11時から東京都港区南青山2の33の20の青山葬儀所で。喪主は妻和子さん。

 1950年、東京生まれ。日本大学芸術学部卒。78年、8ミリフィルムで自主制作した「ライブイン茅ケ崎」で注目される。81年、若手落語家を主人公にした軽妙な喜劇「の・ようなもの」で商業映画監督としてデビュー。83年、松田優作主演の「家族ゲーム」は新世代の映画として、キネマ旬報ベストワンなど国内の多数の賞を受けた。

 夏目漱石の小説「それから」を重厚に映像化する一方で、薬師丸ひろ子主演で「メイン・テーマ」を撮るなど、文芸作品からアイドル映画まで作風の幅が極めて広い職人監督だった。他の代表作に「39・刑法第三十九条」「間宮兄弟」「武士の家計簿」など。松山ケンイチと瑛太主演の「僕達急行 A列車で行こう」(来年公開予定)が最後の監督作品となった。


         森田監督    
       2007年公開の「椿三十郎」撮影時のようす
             (松ケンは井坂伊織役)


ケンさんは、映画「サウスバウンド」、「椿三十郎」、そして来年公開の「僕達急行A列車で行こう」出演で
森田監督とご一緒しました。
御縁の深い監督さんだったわけですが。
61歳ということで、お若い・・まだまだこれからもすばらしい作品を期待できるかただったし、
ほんとうに残念です。。

監督が幼少の頃から好きだった鉄道を題材に、オリジナル脚本で挑まれた『僕達急行A列車で行こう』は
監督が10年以上前から企画を練っていた渾身(こんしん)の一作だそうで、
松山ケンイチ&瑛太主演のコメディードラマ。
3月の公開時には俳優さん達と一緒に舞台挨拶に立たれるお姿を拝見できると、
ほんとうにあたりまえのようにおもっていたのですが。。

森田芳光監督の御冥福をこころよりお祈り申し上げます。
これまですばらしい作品をありがとうございました。


≪追記≫

松ケンも追悼「寂しいです」(テレ朝ニュース12/21)

森田芳光監督の訃報を受け、最後の作品となった「僕達急行 A列車で行こう」の主演を務めた俳優の松山ケンイチ(26)が21日、所属事務所を通じて追悼のコメントを発表した。事務所によると、大河ドラマ「平清盛」のリハーサル中に訃報に接したという。「僕達~」では瑛太(29)とダブル主演となっており、その他にも「サウスバウンド」(07年)、「椿三十郎」(07年)に出演。以前より森田監督のファンで、出演を熱望していたという。以下、コメント全文。
「この度の訃報、とても残念に思います。
今まで毎年のようにオリジナル作品を精力的につくられてきた監督。
そのどれもが監督独特の台詞まわしや笑い、思わずニヤリとしてしまうキャラクターに、暖かい気持ちと前向きな気持ちを、いつもいただいていました。
もう森田監督の新作を観ることができないこと、森田監督と一緒に仕事ができなくなること、世の中を独特な視点から見てお話している森田監督の言葉が聞けなくなること、今、そんなことが頭いっぱいに広がってきて、悲しくなります。
しかし、あの素晴らしい言葉や視点は今までの作品の中につまっていますし、監督はたくさんの大切なものを残してくれましたので、悲観的にならずに、またもう一度、森田監督作品から、監督の言葉を聞こうと思います。
瑛太さんと僕が主演させていただいた映画『僕達急行』が最後の作品となってしまいましたが、その時に森田監督は、趣味を持たない人間の怖さ、という話をされていました。趣味を持つことでつながりができ、つながることで様々な障害やジャンルを越え、助け合うことができるのだと僕は解釈しました。そのつながりというものが、今の僕の人生のテーマでもありますし、今、やらせていただいている僕が演じるキャラクターに込めた想いでもあります。
森田監督から本当にたくさんのモノをいただきました。これからも森田作品からたくさんのモノをいただくと思います。
でも、やっぱり寂しいです。心からご冥福をお祈り申し上げます。松山ケンイチ」

             4340.jpg



スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

悲しいいろやねん
森田 映画で プログ 検索中です。
今 ウェーブで 森田監督を 調べました。
私が 印象に残る森田監督の作品は バカヤローです。あの時代に この作品は 共感と問題点を 残しながら 最後は バカヤローで 終わってしまうんだけれど。懐かしいです。現代だと もっと掘り下げた作品に できるのかなぁ。全作品 見ていないのだけれど
まだ 家族ゲーム それから 見ていない 私です。最近だと 模倣犯 面白かったです。
森田監督 まだ お若いと思うのですけれど~
ご冥福を お祈り申し上げます。
映画同好会(名前検討中 森田監督を 語る会
こんばんは
お久しぶりです

映画監督・森田芳光の訃報には驚きました
61歳は若すぎですよね
『椿-』のリメイクは黒澤と比べられるのが必然なのに果敢だなと思っていました
松ケンは現在と比べれば拙いながら育ちの良い若侍が似合ってましたね
主演作が遺作というのも縁があるんでしょうね
もっと撮って欲しかったです

Re: 悲しいいろやねん
はじめまして、村石太ウーマン&優作 愛知県発 さま

森田監督…ほんとうに残念です。
私自身、森田監督の映画に詳しいわけではないので上手にコメント出来ませんがスミマセン。

松山ケンイチさんが出演された映画の監督…ということで、しかも
来春公開の≪僕急≫が3本目だし、
これからも森田監督の映画には松山さんは高頻度で出演されるんじゃないかな…、
なんてことも期待してたわけですょ。

振り返って監督さんの作品一覧見せて頂くと・・
ああ、この作品やこの作品も・・と再発見もありました。
ほんとうに幅広く素敵な作品を作ってこられたんですね。

近いうちに、「武士の家計簿」と「間宮兄弟」観たいと思います。(DVDとかで)

そしてもちろん、来春の≪僕達急行A列車で行こう≫絶対観に行きますYO~!

MYブログにお越しいただき 有難うございました//
Re: タイトルなし
東彦さま、こんにちは!
お久しぶりです。ありがとうございます!

>61歳は若すぎですよね
ほんとに。。

『椿-』のときのNHKの特番で監督のお姿拝見した時、実年齢よりずっとお若く見えたし、
『僕急』撮影時のお姿(画像)も元気そうだったので、
ネットのニュースで訃報を知った時は「えっ・・なんで・・」って、信じられませんでした。。

>主演作が遺作というのも縁があるんでしょうね
>もっと撮って欲しかったです
・・同感です。。
森田監督には
ほんとうに≪爺さん≫になるまで よぼよぼになるまで頑張って欲しかった・・です。。
御冥福をお祈りします。

東彦さま、ありがとうございました//

プロフィール

かぼちゃん

Author:かぼちゃん
ふたりの男子の母です
松山ケンイチさん大好きだぁw

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。