*All archives* |  *Admin*

2017/08
<<07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
松ケンおめでとう!
松山ケンイチさん
 =第24回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞受賞
               おめでとうございます!

    ⇒ 朝日ドットコム12/6

松ケン まず小雪に報告しました/映画賞

 松山ケンイチ(26)が映画「ノルウェイの森」「GANTZ」シリーズなどで、主演男優賞を獲得した。第24回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞(日刊スポーツ新聞社主催、石原裕次郎記念館協賛)が5日、決定した。

 松山は今年、主演および主演級で5作品に出演した。村上春樹氏の世界的ベストセラー小説が原作の「ノルウェイの森」、アクションもあった「GANTZ」2作品、独身男性が子供と一緒に暮らす「うさぎドロップ」、過激派の男を演じた「マイ・バック・ページ」。中でも「これ以上出せって言われても、もう何も出ないよっていうくらいだった」というほど自分を絞り出した作品が、昨年12月に公開された「ノルウェイの森」だった。 「去年、どこにも(賞に)入らなかったので、評価されなかったのかなと思っていました。だからうれしいです。賞もあんまりいただいてないんで励みになります。報われた、というんですかね」

 トラン・アン・ユン監督は、松山がこれまでに出会ったどの監督とも異なっていた。俳優とともにモニターを見て芝居を細かく修正する手法を経験し、一緒に作り上げた実感を持った。「どっぷりつかれた作品。でも、こういうやり方に慣れちゃったら、ほかの作品ができなくなっちゃう」と、ぜいたくな時間を振り返った。同監督とは今もメールをやりとりしている。また一緒に? と聞くと「もちろんやりたいです。英語も勉強中です」と話した。

 新しい監督との出会いはさらに、自身が監督になるという夢も描かせた。「いつかしてみたい。ただ、自分は芝居のことしか見えないと思うので、細かいことを見てくれる『本物の監督』に横にいてもらわないと」と苦笑いした。

 今年は私生活でも転機の年だった。4月に女優小雪と結婚し、来年には子供が生まれる。「人間的な成長があっておもしろい役ができるんだと思います。結婚して子供が生まれることを、経験してるのとしてないのとでは違う。説得力がある芝居ができるように頑張りたい。楽しみです」と喜んだ。小雪には真っ先に受賞を報告した。「『いただきました』って言ったら『良かったね』って」。

 映画の現場が何より好きと話すが、来年1年はNHK大河ドラマ「平清盛」に集中することになる。取材日も、役作りで1年以上切っていない髪を帽子に収めていた。「大河が終わったらまたいい作品に呼んでもらえるよう頑張ります」。2012年、公私で大きな経験を積む26歳は、その後も見据えて前に進み続ける。【小林千穂】

 ◆松山(まつやま)ケンイチ 本名・松山研一。1985年(昭60)3月5日、青森県生まれ。01年にモデルとしてデビュー。03年「アカルイミライ」で映画初出演。05年「男たちの大和/YAMATO」で人気に。06年には「デスノート」のL役で注目され、08年映画「デトロイト・メタル・シティ」で日本アカデミー賞優秀主演男優賞にノミネート。来年3月に「A列車で行こう」が公開。今年4月、女優小雪と結婚。180センチ、60キロ。血液型B。


( ^-^)∠※.。・:*:・゜`☆、。・:*:・゜`★    

4328.jpg 日刊スポーツ(関西版)の表表紙だそうです~

   (クリックで拡大) ドーンとおっきく載ってますね♪
   松フリさんちから情報いただいてきました(画像はmayさん)。
   ありがとうございます。

 
・・・・・ ・・・・・

NHK冬ナビ ウォッチスペシャルトーク 松山ケンイチ

    ⇒ インタビュー(12/5~1/15)

↑こちらもぜひご覧くださいませ。

          4319.jpeg


(以下も↓よろしかったら)

師走ですね、おばん(わたくし)も否応なく走っています(笑)
あはは・・

そんな中、
先週くらいから、ちょっとまた家庭のなかで悩み事が。。
本人のプライバシーにも関わるので詳しくはかけませんが。

で、
お友達のM・Kさんに相談しました。
電話で一時間程話したかな。

こういうのって、
あの、「○○ー知恵袋」みたいに単純じゃないところがいいんですよね。
ひとの言葉は温かいですね。。
M・Kさんの言葉・・・
ふだんから、自分の家族だけでなく、子供たちのお友達やその親御さんたちとのかかわりも大切にされていて、
積極的に動かれているかたです。(とことん向き合っておられます。)
御自身の経験を踏まえたうえで語ってくださったんですけどね。
きのうはほんとうにM・Kさんから「力」いただきました!

ありがとうございました~~!


    以上、最後までご覧いただき、ありがとうございました//
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

かぼちゃん

Author:かぼちゃん
ふたりの男子の母です
松山ケンイチさん大好きだぁw

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。