*All archives* |  *Admin*

2017/06
<<05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アラン「幸福論」
この間もお伝えしましたが、NHK Eテレ 「100分de名著」
 
  アラン「幸福論」③ 録画したのをみました。

第3回 ダンスのように人とつきあう

礼儀を知らない人はよい人間関係を築けない。そのため人は礼儀を学ぶ必要があるとアランは言う。アランは礼儀とはダンスのようなものだとした。規則だけ覚えても、自然に動けるようにならなくては、ダンスにならない。過剰に意識するのではなく、半ば無意識のうちに相手に敬意を払えるようになること―それが礼儀だとアランは説いた。ありのままの相手を受け入れられる広い心を持つ、それも幸せには大切なことなのだ。


放送でも、このサイトでも、「礼儀」って表現されてましたけど、テキストでは「礼節」って書かれています。
「礼儀」っていうと、なんか形とか体裁よく・・みたいなイメージを描いてしまいがちですがそうではなく、
「礼節」なんですよ。
今回の内容も、ほんとうに全てフムフムうなずきまくりでした。内容濃かったです。
人とガチでつきあってると、マジそうゆーかんじ?実感するわぁ。 (ヤングのしゃべり方みたい・笑)
ほんと、行動しながら心の中で何おもってるのかがどんだけ重要か。
それには自分自身が自分の情念に支配されることなく、幸福を感じられる自分になる心掛けをし、
自分自身をコントロールできなければばらない。ってことだとおもうのね。
(ここで情念とは、イヤな感情のこと。)

「情念の伝染を阻止しつつ、喜びを伝染させる所作」こそが礼節なのです。(テキストより)
社会でも、また、家の中においても ・・なんですよね。


などなど、心掛けたいこといっぱい。また、
今の私への提言・指導だなぁと感じる言葉もあり、有り難いなぁっておもいました。


あしたはいよいよ最終回④

第4回 幸福になることは義務である

幸福論の終盤でアランは「幸福とは義務である」と結論づける。ひとりひとりが幸福であろうと決意することが社会全体をより良くするとアランは考えたのだった。最終回では、合田さんに加え、幸福論のファンだという、諏訪中央病院名誉院長の鎌田實さんをスタジオに招く。震災など、社会全体が未曾有の困難に直面している今、アランの言葉をどう受け取るべきなのか。幸福は人の「徳」であると位置づけたアランの真意に迫る。


・・だそうです。必見です。

  ●NHK Eテレ
     初回放送 水曜22:00 - 22:25
      再放送 次週水曜5:35 - 6:00、11:30 - 11:55


           テキスト



スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

かぼちゃん

Author:かぼちゃん
ふたりの男子の母です
松山ケンイチさん大好きだぁw

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。