*All archives* |  *Admin*

2017/04
<<03  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画「うさぎドロップ」観てきました
今日はこちらは昼ごろからカラッとした天気になっております、お元気ですか?
雨上がりの朝は、樹の枝が急に グーン って伸びてて
びっくりします。(@0@;)
ふだんはじっと溜めてるのよねきっとね、いろんなエネルギーをね。
・・『静なるものの実力』 を見せつけられるおもいですわ。

昨日はジーパン等と一緒に、次男の携帯を洗濯しちまって、
洗濯終了ブザー鳴って、蓋開けた瞬間 『やば・・やってもたー』
とおもいましたが、ぜんぜんだいじょうぶでしたー(^^;)
『あコレ=ぼーすいケータイやからw』と次男。
なんや、そうやったんかい、ビビったやん。。
それにしても、ポケットから出しといてくれョ。。
   (おかんは いちいちチェックしないからw)
てか、毎日ジーパン洗濯させるな自分で洗え(笑)
 (この子=毎日、某駅までチャリ利用・・汗だくで帰ってくるんですけどね。)

あ、なんか、
ケンさん出演の2012NHK大河ドラマのほうも、いろいろニュース入ってましたネ。
松田聖子さんが祇園女御役とか、それから昨日の情報では
まえだまえだの弟(前田旺志郎くん)が清盛の子供時代を演じるそうですね♪
あ・そして今日は、今頃岩手でフレアイミーティング中ですねw

・・・・・ ・・・・・

『うさぎドロップ』 観てきました~ 
心あたたまる、素敵な作品でしたヨ 

4267.jpg


(若干ネタバレするとおもいますが、みたいかたは↓どうぞ。)


  4272.jpg 4275.jpg
       子煩悩なダイキチ       ダイキチの祖父でりんの父親・宋一
             ・・あらま そっくり って(笑)

観終わって、
そうですね、監督さん(SABU監督)のひとがらが伝わってくる作品でした。

まず、(漫画のほう見てないのでわからないんですが、)
ほのぼのした中に、ダイキチの○○シーン入れてくるところがうまいなあ。おもしろいw
(それにダイキチのダンスかっこよかったし 

なにかの監督さんのインタで、ご自身の子供の絵本の配色が参考になったって仰ってたんですが
なるほど、全体を通して、そういう面にも工夫というか、愛情がこめられていました。

ストーリー展開のドキドキ感はありましたが、全体をとおして、また、
見終わって、現在のしあわせと未来の希望と幸福を予感させる、いい映画でした。

りんちゃん役の芦田愛菜ちゃん=もちろん・かわいくて上手でしたw
ダイキチ演じたケンさん=
ケンさんのファンはもちろん、とくにファンじゃないひとでも、彼の演技に引き付けられたんじゃないでしょうか。
上手いし、そういう魅力があるんですよね。松ケン=イイでしょ?すてきでしょ?(笑)
ダイキチとりんちゃん・・どちらが主役かよく知らべずに観に行ったんですが、
ダイキチが主役の映画でしたね(^^)。ここはもちろん揺るぎなかったです(^^)。
(ラブシーン?のケンさんも、ステキでした 

・・・・・

お盆休みに観た『ツリー・オブ・ライフ』も、父親の愛情がこの映画の、ひとつの重要な要素だったわけですが、
この『うさぎドロップ』のダイキチと比較するのもおかしいのですが、
ぜんぜん違うタイプの父親というか、男性だったんですよ。
(ブラピ演ずる主人公の父親は、簡単に言うと昭和の頑固親父みたいな、理不尽な体罰もやっちゃう父親でした。)
でもけっして≪ま逆≫ではない。
それは簡単には説明できないけれど、根底に深い愛情が流れているから。
・・そこんところはやっぱりダイキチと共通するわけです。

で、『うさぎドロップ』に戻りますが、
こういう映画観ちゃうと、「ダイキチみたいな父親像が正しい!」みたいにおもえてくる。

現実・・
私の父親は、このどっちにもかたよることなく、とくにすごい模範的ってわけでもないけど、
ほどよく家庭的でちゃんとお仕事もまじめにする父親でしたが、

私の主人(家の主人)は・・
まさに 『ツリー・オブ・ライフ』 の親父(笑)。

なので、この二つの映画をほぼ同時期に観られて、
ほんとうに良かったです(笑)

もう一度言いますが、
どっちが正しくてどっちが間違っているということはないとおもいます。
大切なのは、
奥さん(母親)がちゃんとバランスをとるということなのです。
 (旦那が子供に甘かったら厳しいお母さんにならなきゃいけないかもしれませんョ笑)
子供にも旦那にも愛情を持って・・ネ。

ま、パーフェクトじゃない私が言っても説得力ありませんけど(笑)

(本音はダイキチみたいなおもいやりのある人が好きですけどね、男性にしろ女性にしろ。)



てなわけでながくなるのでこのへんで。

   最後までご覧いただき、ありがとうございました//


≪P・S≫
 劇場で買えるパンフの、俵万智さんのエッセイよかったです(^^)

スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

かぼちゃん

Author:かぼちゃん
ふたりの男子の母です
松山ケンイチさん大好きだぁw

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。