*All archives* |  *Admin*

2017/08
<<07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画「マイ・バック・ページ」観ました
台風がさっていきましたね。
昨日 ゴルフから帰宅した主人が
(会社のメンバーでゴルフすると必ず雨降る、雨男おるね、昨日なんか嵐・汗)
うちのプラムの実=これからって時なのに いっぱい落下してたの発見して
「ショックー!」て叫んでました
ほんとに。。
農家の作物は大丈夫でしょうか。。

        4156.jpg

ああそう、マイバの感想…
なんかまぁ、1964年生まれの私には懐かしいようなものも感じた映画でしたが、
大学闘争とかは…知らなかったし、周りにもそれに詳しいひともいないのですが。
小学3~4年の頃だったかな?
学校の社会科のときにNHK教育放送で
「成田からこんにちは」…(だったかな…)
っていう小学生向け社会科用番組(1~2年間?に渡って放送してた記憶あり)
みてました…てか先生のチョイスで授業として全員みてたわけですが。
成田闘争…の今を伝える?番組。
私はあまり好きではなかったので、
反対派と機動隊がぶつかってました…ていう記憶しか残ってません。
(しかしなんで国営放送のしかも小学社会科の番組ナノカって…ずっと疑問だったよいまでもわからんけど笑)
これ↑ネットでちょこっとしらべてみたけど、古すぎて出てこん(笑)
でも、現実リアルに起きてることに対して考える って教育も大事なんでしょうね。

はなし脱線しましたが、、感想

当然の話だが、してはいけないことってある。
正しい考えかたを自分の中心に持つべき。(正しい考えかたとは?)
そして、自分がしたいとおもうことと、自分がするべきことは 違う可能性がおおいにある。自分がするべきでないことだってある。
これらはたとえ時代が変わろうと変わらないものだと思うのね。

で、監督さんが描こうとしたものはなにか。
あの時代の若者達が放つエネルギーと、一人一人の姿かな。
時代の一部を切り取ったものだが、心に鮮烈に残ったシーンがありました。
…そういった出来事や失敗も経てきて、今の世の中があるんだなと思った。

リアルな話ですが、この映画の主人公達の世代のかたがた(私の近くにも沢山いらっしゃいます)
の良いところってのをひとつあげるとしたら(あえてひとつにしぼる・笑)、
期待されるとすぐ実行してくださるところかな。失敗してもへこたれない強さがある。
あの世代の方々はそういう実行力を確かに持ってらっしゃる。

ただ、この映画の梅山とか沢田には足りないものがあった。
それがさっき言った「正しい考えかた」と、判断力。
…じゃない??
それに・・・・・出来てなかったことばっかりあげても面白くないし省略。
ああでも、最後のシーンの澤田には気持ちが理解できて一緒に泣けたけどね。
真心ブラザース+ 奥田民生さんの歌もよかったし。

ケンさんの弾き語りもステキでしたYO~
(もうちょっとうたってほしかったけどw)

この時代のことは、この映画見ただけではわからなかったと思います。
こういう紛争だけの時代ではありません。
興味ある人は近くにいる大人にたずねてみる…なんてのもいいかも。



(以下は、うちの子たちに知ってほしいことを書きました。)


昔のえらいひとがおしえてくださってますヨ。


●子路曰、君子尚勇乎、子曰、君子義以爲上、君子有勇而無義爲亂、小人有勇而無義爲盗、
子路が曰わく、君子 勇を尚(とうと)ぶか。子の曰わく、君子義を以て上(かみ)と為す。君子 勇有りて義なければ乱を為す。小人 勇有りて義なければ盗を為す。

子路が言った、「君子は勇を貴びますか。」先生は言われた、「君子は正義を第一にする。上に立つ者が勇敢であっても正義が無いなら乱を起こすし、下々の者が勇敢であっても正義が無いなら盗みを働く。」
「君子」とは…中国、孔子の流れをくむ儒家で、理想的とされる人物像。



●子曰、君子矜而不爭、羣而不黨、
子の曰わく、君子は矜(きょう)にして争わず、群して党せず。

先生が言われた、「君子は謹厳だが争わない、大勢といても一派に偏らない。」
「謹厳」…軽はずみなところがなく、まじめでおごそかな・こと(さま)。




●子曰、衆惡之必察焉、衆好之必察焉、
子の曰わく、衆これを悪(にく)むも必ず察し、衆これを好むも必ず察す。

先生が言われた、「大勢が憎むときも必ず調べてみるし、大勢が好むときも必ず調べてみる。[盲従はしない。]」




●子張問仁於孔子、孔子曰、能行五者於天下爲仁矣、請問之、曰、恭寛信敏惠、恭則不侮、寛則得衆、信則人任焉、敏則有功、惠則足以使人、
子張、仁を孔子に問う。孔子の曰わく、能く五つの者を天下に行なうを仁と為す。これを請(こ)い問う。曰わく、恭寛信敏惠なり。恭なれば則ち侮られず、寛なれば則ち衆を得、信なれば則ち人任じ、敏なれば則ち功あり、恵なれば則ち以て人を使うに足る。

子張が仁のことをお訊ねした。孔子は言われた、「五つのことを世界中で行うことができたら、仁と言えるね。」進んでさらにお訊ねすると、「恭しいこと、おおらかなこと、誠のあること、機敏なことと恵み深いことだ。恭しければ侮られず、おおらかであれば人望が得られ、信(まこと)があれば人から頼りにされ、機敏であれば仕事ができ、恵み深ければ巧く人が使えるものだ。」
「恭しい」…相手を敬って、礼儀正しく丁寧である。
「仁」…人間にとってもっとも普遍的で包括的、根源的な愛を意味するもの



「君子」って、べつに≪特別な人の理想≫じゃないんですって。
誰でも、そうあなたも君子になるべき…って孔子せんせいはおっしゃってるわけね。
リーダー的な人や影響力がある人ならもちろんの話だけど、世の中を構成している人ひとりひとりが
そうでありたいですよね。(←自分もw) (;^_^A

たいしたことない私だけど、心掛けは しっかり持っていたいと思っています。

ながながと 書いてしまいました。
最後までお読みいただきありがとうございました。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

かぼちゃん

Author:かぼちゃん
ふたりの男子の母です
松山ケンイチさん大好きだぁw

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。