*All archives* |  *Admin*

2017/03
<<02  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  03>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
伝えたい阪神・淡路大震災から
≪伝えたい
    阪神・淡路大震災から≫
 (8)

 …いこいの場ひょうごメンバー高瀬建三さん
   

 あの日、全壊した家を逃れ、近くのデイケアセンターに身を寄せた。指定された避難所ではなく、普段から通っていた場所を選んだ。見た目には健常者だが、私はそううつ病を患っていた。
 ハンディキャップを背負っている者として、避難所生活を続ける人に言いたい。
「頑張りすぎないで。頑張ったらつぶれてしまう」と。

 センターでは、水くみや炊き出し、夜のパトロールなどあらゆる作業を受け持った。腰を痛め、眠れなくなり、皮膚に湿疹が出た。病院で受ける30分の点滴が唯一の休みに。終わればまた作業に戻る。悪循環に陥ってしまった。

 だから言いたい。思いをため込んでしまっては駄目。復興が進めばボランティアやヘルパーの数も増える。頼ることも必要だ。体の不調や困ったことがあったら相談しよう。泣いたり、笑ったり、怒ったり、思いを吐き出すと気持ちも安らぐ。

 仲良くなったボランティアとハイキングに出かけることもあった。交流が深まれば一人じゃないと勇気づけられた。

 いまは精神障害者の自助グループで活動している。グループのモットーは
「ゆっくり、ゆったり、ぼちぼちと、かつ、しつこくあきらめずに」。復興が進むことを信じ続けてほしい。


・・・・・ ・・・・・ ・・・・・

一昨日の神戸新聞の記事をもらってきました。
この「いこいの場ひょうごの高瀬建三さん」は、兵庫県の方ならきっと少なくとも一度はお見かけしたこと有るかただとおもいます。
(新聞記事をみて私が打ち込んだ文章なので写真載せられなくってすみません)

短い文章ですが、避難所で生活されているかたの気持ちがとてもよく伝わってきます。
被災された方々は、普段は健常者のかたでも とても辛い毎日を送っておられると思います。
ボランティアで現地に行かれる方は、このことをよくよく理解したうえで活動していただきますよう
宜しくお願い致します。m(_ _)m

離れたところにいる私たちも、
そのことをしっかり胸に刻んで生活していきたいと思っています。

実際に被災地に行くことは私には叶いませんが、
自分にできることを、これからも続けていきたいとおもいます。

・・・・・ ・・・・・ ・・・・・

  
    熊木杏里「桜坂」


(続きもよろしかったら↓)


              桜



春休み中、お菓子工場にバイトにいっている次男が、
今日は、
被災地に支援食糧として(このお菓子会社より)送るバームクーヘンを作るんだよ。
って言ってました。
「心を込めて作ってね!」って伝えたら、ニコってほほえんでましたョ。
私もお手伝いしたいくらいでしたw
(おもっているだけではダメですけどね。。)
私のぶんも頑張ってくれよ次男くん! (^0^)/~~



スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

Author:かぼちゃん
ふたりの男子の母です
松山ケンイチさん大好きだぁw

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。