*All archives* |  *Admin*

2017/09
<<08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「GANTZ」公開初日!(追記あり)
「GANTZ」公開初日!だあっ てことで、

松山ケンイチ「GANTZ」初日に熱血“仕事論”披露
   映画.com (1/29)

                4118.jpg   4121.jpg


[映画.com ニュース] 大人気コミックを実写映画化する「GANTZ」が1月29日、全国410スクリーンで公開。主演の二宮和也、松山ケンイチ、吉高由里子、本郷奏多、夏菜、山田孝之、田口トモロヲ、佐藤信介監督は、東京・有楽町のTOHOシネマズスカラ座で舞台挨拶に立った。
 今月20日には時差を利用して日米同日舞台挨拶を敢行するなど、話題豊富な同作の初日とあって、場内は女性ファンを中心に熱気ムンムン。歓声に包まれるなか、二宮は「これからが始まり。長く愛される作品になりますよう、皆さんのお力を貸してください」。松山も「これまで自分の口から魅力を語ってきましたが、皆さんとスクリーンとのコミュニケーションでつながっていくもの」と話し、深々と頭を下げた。
 この日は、全国のファンから1000通以上の質問が寄せられ、公開Q&Aが行われた。「やりたくなかったシーンはどこですか?」という質問に対し、山田をはじめとする多くのキャストが「すべてのシーンを楽しくやらせていただいた」。そんななか、松山は「基本的には一緒ですが、仕事っていうのはやりたい、やりたくないで決められるものではない。いったんやると決めたからには、やるしかないんです!」と熱く語り、喝さいを浴びていた。
 劇中で、二宮と松山の目の前でヌードを披露した夏菜は「『GANTZ』に出合うまでは、仕事もプライベートもすごく悩んで辛い思いをしていた。そんな自分の存在価値がわからないときに、『GANTZ』と出合えた」と感無量。後を継いだ田口が「最年長で一番のおっさん役。まったく活躍していません」と笑わせれば、山田は「僕はすごく帽子が好きなんですが、今日かぶっている帽子、ちょっと重いんですよ」とまったく関係のない話で盛り上げていた。
 同作は、「週刊ヤングジャンプ」に2000年から連載されている奥浩哉の人気漫画が原作。映画は、死んだはずの人間が黒いナゾの球体「GANTZ」に召還され、理由も分からないまま異形の「星人」との戦いを強いられる姿を前後編の2部作構成で描く。



なんかもう、次の記事が出てるんですよ~

『GANTZ』第2弾では完ぺきな答えが?タイトルは…
   シネマトゥデイ (1/29)

   4120.jpg

 [シネマトゥデイ映画ニュース] 29日、Part1が公開された映画『GANTZ』のPart2のタイトルが『GANTZ PERFECT ANSWER』と発表された。映画版『GANTZ』が導き出す「完ぺきな答え」とは一体!? 私服で日本刀を持つ松山の険しい表情も意味深だ。
 本作は、死んだはずの人間が謎の球体“GANTZ”に召喚され、異形の“星人”と呼ばれる敵との戦いを強いられていくストーリー。テレビ番組などで宣伝に奔走した二宮と松山は、お互いを尊敬し合っていることを公言し、チームワークの良さを見せているが、29日から劇場で配布されるチラシの表面は、二宮と松山が、お互いに銃口を突き付け合って、対峙する衝撃的なビジュアルになっている。Part1の劇中でも良いチームワークを見せてくれていたはずなのだが……!?
 『GANTZ』は、欧米でも高い人気を誇る奥浩哉の人気コミックを、2部作で映像化したSFアクション超大作。先行公開された全米でも好評を得ているPart1の見どころは、衝撃的な展開と、不条理な運命に立ち向かう登場人物たちの勇ましさ。それがPart2でどのように飛躍するのか?  Part1で弟思いの兄を演じていた松山の険しい表情からも、物語が予想外に展開し、「完ぺきな答え」を導き出すであろうことをほうふつさせている。
 映画『GANTZ』は全国公開中、映画『GANTZ PERFECT ANSWER』は4月23日全国公開



ウチの場合、
次男の受験(①採用試験②入試)がこれからなので、もうしばらくは映画館に行けないのですが、
終わったら家族で行きますYO~!
(前売り券も買ってありますのでね。)
友人とも行きますw
ってことで、しばらくは指をくわえてお預け状態なんですが、
≪GANTZ VISUAL BOOK≫注文しましたので、明後日頃届くみたいです。
それみながら待ちます。
あ、明日は
忙しくてまだ見てなかったテレビの録画してあるケンさんを じっくり拝見します



≪追記≫
この記事も一緒にUPするの忘れてましたスミマセン

 →松山ケンイチ、変幻自在の演技の裏にブレない人間性 
     おおさか報知 (1/29)
 人気コミックを実写化した映画「GANTZ」(29日公開、佐藤信介監督)に主演する俳優・松山ケンイチ(25)がスポーツ報知のインタビューに応じた。CG(コンピューターグラフィックス)を駆使し、現実と非現実が混在する世界を、ダブル主演の二宮和也(27)とともに描いた。映画ごとにその表情を変える松山に、作品にかける思いなどを聞いた。
 幼なじみの玄野(くろの=二宮)と一緒に電車にひかれ、命を落としたはずが、玄野とともにマンションの一室に集められた加藤勝を演じる。元の世界に戻るために受けたミッションは、ナゾの星人を倒すこと。「矛盾してますよね。元の世界に一番帰りたいのに、星人は倒せない。危ないと言いながら玄野に頼るしかない。偽善者と言われても仕方ないけど、人間ってそういうものかなと」と、松山は人物像を分析する。
 父を殺した罪を抱え、小学生の弟(千阪健介)と二人暮らし。「自分の罪を償うために周りの人を救おうとする。強い人間であろうとしながら人を傷つけることはできない弱さもある。そういう部分が僕も好きだし、ちゃんと表現したかった」
 中でも「僕にとって一番大事だったのは弟とのシーン」と振り返る。だが、2人だけの場面は少ない。「短い中でどれだけお互いを大切に思って生活しているかを表現するために、どんな会話が適切なのか考えた」。佐藤監督ともよく話し合いながら、細部まで目を配った演技を貫徹した。
 意外にも二宮とは初共演。ともに実力派とあって、大いに刺激を受けた。「ドラマでも映画でも、すごく自然で。普通の人が普通にやっているのは違うと思うんですけど、二宮さんは役になりきった上で自然。人を引き込ませる」と賛辞を送る。
 「デスノート」、「デトロイト・メタル・シティ」とコミックが原作の作品出演が多いのも、俳優としての奥深さを物語る。「自分が漫画や小説を読んで感じた部分を大事にはしています。外見と同じくらい大事なのが根本的な人間性。ブレたらそのキャラクターではなくなるので」。原作ですでにキャラクターが確立されているという、オリジナルの脚本にはない制約がある中で、最大限にその役になり切る。そんな変幻自在ぶりが松山の魅力だ。
 来年のNHK大河ドラマ「平清盛」の主演も決定。その勢いはとどまるところを知らない。「今の社会で変だなと思うことは、物事を表面的にしか見られなくなっているところ。例えば政治家も、政治以外の部分を見られたりしている。本質で評価されなくなったら、すごい人って生まれなくなると思う。すべて完璧な人なんているわけないんだし」。「最近気になることは?」の問いにこう答えた。やはりタダ者ではない。

 ◆松山ケンイチ(まつやま・けんいち)1985年3月5日、青森県生まれ。25歳。2003年「アカルイミライ」で映画デビュー。06年「デスノート」、08年「デトロイト・メタル・シティ」、10年「ノルウェイの森」など話題作に次々と出演。身長180センチ、血液型O。


報知新聞さん、ステキな記事を有難う御座います!
でもあの~、松山ケンイチさん=血液型B型なんですけど↑
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

かぼちゃん

Author:かぼちゃん
ふたりの男子の母です
松山ケンイチさん大好きだぁw

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。