*All archives* |  *Admin*

2017/05
<<04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マイ・バックページ
男たちを深くほろ苦く「マイ・バック・ページ」

  →男たちを深くほろ苦く「マイ・バック・ページ」「相棒」 (朝日新聞)

   3930.jpg  3926.jpg

■「マイ・バック・ページ」――山下監督「僕らの目線で70年代」

 「マイ・バック・ページ」の原作は、川本さんが朝日新聞社の週刊誌記者時代の回顧録。1972年、川本さんは、過激派による自衛官殺害事件の証拠隠滅を謀ったとして有罪判決を受けた。
 監督は、「松ケ根乱射事件」の山下敦弘。大学時代からコンビを組む向井康介が脚色した。週刊誌記者の沢田は過激派を名乗る梅山と出会い、映画や音楽の話を通じて親しくなる。梅山が自衛官を殺した時、沢田は彼とのっぴきならない関係になっていた。
 「僕らには、あの時代がよく分からない。なぜ若者があんなに熱かったのか。どうしてあそこまで本気だったのか。そこを考え出すと前に進まなくなる。結局僕らの目線で作るしかないと思った」
 「どんてん生活」から「天然コケッコー」まで、登場人物がまとう脱力した空気感が山下映画の魅力だった。だが今回は熱い時代を熱く突っ走る男の物語だ。
 「ラッシュ(未編集映像)を向井と見ながら『自分たちの映画じゃないみたい』とよく話していた」と笑う。「これまでの僕たちの間(ま)が通用するシーンはなかった。今までの僕の映画とは違ったリズムになるような気がする」
 実際の出来事を描くのは初めて。しかもデリケートな問題だ。関係者に気を使うことも多いのでは。「いや、生きている方よりも、亡くなった方にウソをつけないぞというプレッシャーがあった」
 記者の沢田役は妻夫木聡。殺人事件の深層に迫る「悪人」の公開が控えるなど問題作への出演が続く。過激派の梅山を松山ケンイチが演じる。こちらもベネチア国際映画祭参加作「ノルウェイの森」に出演。今を代表する若手男優の競演も楽しみだ。公開は来年の予定。 (8/15)



あ・こっちの(ピクトアップ)ケンさんも、梅山ケンなんだ~。

          3931.jpg
          ほんと、かわいい~~w

こんなかわいいお兄ちゃんが≪左翼≫?!  
まだ、イメージわきませんね。。
たのしみにしとこうっとw


(つづきあります。ワタクシネタですので興味のある方だけどぞー↓)




そうそう、
さきほどの下の下の下のきじのコメント欄でベルボさんとのやりとりで思い出したんですが(長)

前世がなんちゃら …笑

以前私、
知人の知人の友達(私の友達じゃありませんw)に
「あなたは ロシアのトロツキーの生まれ変わり!」
と言われまして・・

「ソレ=だれ?!

歴史に疎い私も調べてみました。。

  → レフ・トロツキー(weblio辞書) トロツキー

あ あのー、顔は似てませんから=!!!

そ、それにさあ、
私=共産主義者じゃありませんから~!!
ス○ーリンは大嫌いだけど。。(←ここだけ共通点)

…あんまり書くと、×××のスパイに追っかけられると困るので (←なわけないw)
このへんで。。

や~、キケンキケン ( ´;゚;ё;゚;)


スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

かぼちゃん

Author:かぼちゃん
ふたりの男子の母です
松山ケンイチさん大好きだぁw

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。