*All archives* |  *Admin*

2012/04
<<03  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
平清盛・第15回「嵐の中の一門」
平清盛・第15回「嵐の中の一門」

≪あらすじ≫
家盛(大東駿介)は、左大臣・頼長(山本耕史)の謀略にはまり、失意のうちに落馬して命を落とす。突然の訃報に信じられない清盛(松山ケンイチ)。冷たくなった家盛を前に、狂ったように泣く宗子(和久井映見)。忠正(豊原功補)は家盛が死んだのは全て清盛のせいだとつかみかかる。そんな中、忠盛(中井貴一)は、息子の死に揺らぐことはなかった。
忠盛は鳥羽院(三上博史)への忠誠を改めて誓い、高野山の宝塔再建を清盛の名代でおしすすめることを進言する。この大役を務めあげることが、我が子・家盛の供養だと考える忠盛だが、清盛は失意から立ち直らないまま、再建を進める。
やがて一年がたち、院号をうけて美福門院となった得子(松雪泰子)に呼ばれた忠盛は、この再建が落成のあかつきには、公卿の地位も夢ではないということをほのめかされる。高揚する忠盛。しかし、そのとき頼長が忠盛の前にあらわれ、家盛は全て自分を差し出し、自ら平氏一門を売ったのだと告白。忠盛の押さえていた感情が爆発する。


              story15_convert_20120415160521.jpg (クリックで拡大)


続きを読む

スポンサーサイト
プロフィール

かぼちゃん

Author:かぼちゃん
ふたりの男子の母です
松山ケンイチさん大好きだぁw

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。