*All archives* |  *Admin*

2012/03
<<02  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  04>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
平清盛・第9回「ふたりのはみだし者」
平清盛・第9回「ふたりのはみだし者」

    4426.jpg


≪あらすじ≫
崇徳帝(井浦新)は即位してから15年の歳月がたっても鳥羽院(三上博史)に疎まれ続け、子もなしていなかった。そんな崇徳の弟である四の宮・雅仁親王(松田翔太)は兄の苦悩を横目に街なかをうろつきまわっていた。この親王が、のちに為政者として清盛(松山ケンイチ)と争うことになる後白河法皇の若き日の姿であった。保延5年(1139年)鳥羽の寵姫・得子(松雪泰子)がついに念願の男児を出産する。このことは、かろうじて保たれていた朝廷内の均衡を破ることになる。のちの近衛天皇となるこの男児の誕生祝の宴に、清盛も佐藤義清(のりきよ:藤木直人)とともに呼ばれるが、そこで清盛は始めて雅仁親王と対面する。

清盛の終生のライバルがついに登場!
のちの後白河法皇を演じるのは松田翔太!
後白河法皇といえば清盛だけでなく、源頼朝や義経とも深い関わりを持つ平安時代末期の重要人物。大河ドラマ「平清盛」では、彼の若き姿(雅仁親王)から描きます。松田翔太のクールでいながら破天荒な演技に注目です。
今回は、雅仁親王の行動から鳥羽上皇をとりまく、さまざまな膿(うみ)が一挙にふきだすほか、清盛と後白河との長い関わりを象徴するような緊迫したシーンも登場します。


             story09_convert_20120304155034.jpg (クリクで拡大)


(追記は↓に)

続きを読む

スポンサーサイト
プロフィール

かぼちゃん

Author:かぼちゃん
ふたりの男子の母です
松山ケンイチさん大好きだぁw

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。