*All archives* |  *Admin*

2011/01
<<12  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  02>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「GANTZ」公開初日!(追記あり)
「GANTZ」公開初日!だあっ てことで、

松山ケンイチ「GANTZ」初日に熱血“仕事論”披露
   映画.com (1/29)

                4118.jpg   4121.jpg


[映画.com ニュース] 大人気コミックを実写映画化する「GANTZ」が1月29日、全国410スクリーンで公開。主演の二宮和也、松山ケンイチ、吉高由里子、本郷奏多、夏菜、山田孝之、田口トモロヲ、佐藤信介監督は、東京・有楽町のTOHOシネマズスカラ座で舞台挨拶に立った。
 今月20日には時差を利用して日米同日舞台挨拶を敢行するなど、話題豊富な同作の初日とあって、場内は女性ファンを中心に熱気ムンムン。歓声に包まれるなか、二宮は「これからが始まり。長く愛される作品になりますよう、皆さんのお力を貸してください」。松山も「これまで自分の口から魅力を語ってきましたが、皆さんとスクリーンとのコミュニケーションでつながっていくもの」と話し、深々と頭を下げた。
 この日は、全国のファンから1000通以上の質問が寄せられ、公開Q&Aが行われた。「やりたくなかったシーンはどこですか?」という質問に対し、山田をはじめとする多くのキャストが「すべてのシーンを楽しくやらせていただいた」。そんななか、松山は「基本的には一緒ですが、仕事っていうのはやりたい、やりたくないで決められるものではない。いったんやると決めたからには、やるしかないんです!」と熱く語り、喝さいを浴びていた。
 劇中で、二宮と松山の目の前でヌードを披露した夏菜は「『GANTZ』に出合うまでは、仕事もプライベートもすごく悩んで辛い思いをしていた。そんな自分の存在価値がわからないときに、『GANTZ』と出合えた」と感無量。後を継いだ田口が「最年長で一番のおっさん役。まったく活躍していません」と笑わせれば、山田は「僕はすごく帽子が好きなんですが、今日かぶっている帽子、ちょっと重いんですよ」とまったく関係のない話で盛り上げていた。
 同作は、「週刊ヤングジャンプ」に2000年から連載されている奥浩哉の人気漫画が原作。映画は、死んだはずの人間が黒いナゾの球体「GANTZ」に召還され、理由も分からないまま異形の「星人」との戦いを強いられる姿を前後編の2部作構成で描く。



なんかもう、次の記事が出てるんですよ~

『GANTZ』第2弾では完ぺきな答えが?タイトルは…
   シネマトゥデイ (1/29)

   4120.jpg

 [シネマトゥデイ映画ニュース] 29日、Part1が公開された映画『GANTZ』のPart2のタイトルが『GANTZ PERFECT ANSWER』と発表された。映画版『GANTZ』が導き出す「完ぺきな答え」とは一体!? 私服で日本刀を持つ松山の険しい表情も意味深だ。
 本作は、死んだはずの人間が謎の球体“GANTZ”に召喚され、異形の“星人”と呼ばれる敵との戦いを強いられていくストーリー。テレビ番組などで宣伝に奔走した二宮と松山は、お互いを尊敬し合っていることを公言し、チームワークの良さを見せているが、29日から劇場で配布されるチラシの表面は、二宮と松山が、お互いに銃口を突き付け合って、対峙する衝撃的なビジュアルになっている。Part1の劇中でも良いチームワークを見せてくれていたはずなのだが……!?
 『GANTZ』は、欧米でも高い人気を誇る奥浩哉の人気コミックを、2部作で映像化したSFアクション超大作。先行公開された全米でも好評を得ているPart1の見どころは、衝撃的な展開と、不条理な運命に立ち向かう登場人物たちの勇ましさ。それがPart2でどのように飛躍するのか?  Part1で弟思いの兄を演じていた松山の険しい表情からも、物語が予想外に展開し、「完ぺきな答え」を導き出すであろうことをほうふつさせている。
 映画『GANTZ』は全国公開中、映画『GANTZ PERFECT ANSWER』は4月23日全国公開



ウチの場合、
次男の受験(①採用試験②入試)がこれからなので、もうしばらくは映画館に行けないのですが、
終わったら家族で行きますYO~!
(前売り券も買ってありますのでね。)
友人とも行きますw
ってことで、しばらくは指をくわえてお預け状態なんですが、
≪GANTZ VISUAL BOOK≫注文しましたので、明後日頃届くみたいです。
それみながら待ちます。
あ、明日は
忙しくてまだ見てなかったテレビの録画してあるケンさんを じっくり拝見します



≪追記≫
この記事も一緒にUPするの忘れてましたスミマセン

 →松山ケンイチ、変幻自在の演技の裏にブレない人間性 
     おおさか報知 (1/29)

続きを読む

スポンサーサイト
プロフィール

Author:かぼちゃん
ふたりの男子の母です
松山ケンイチさん大好きだぁw

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。