*All archives* |  *Admin*

2017/09
<<08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フランクル心理学
こんにちは!

先日 8/21の記事で「フランクル・夜と霧」についてふれましたが、
我が家の次男が力をもらった言葉・・ということなんですが、

「この言葉を伝えたら相手が変わる」とかいうものなんてないんですよね。
そんなミラクルLanguageなんてないんですよ。
こちらの考え方、心が変わらないとダメなんです。


だんまりを続けていた次男があるときポツリと言った言葉・・

「父さん、父さんはなんの為に生きてるんですか?」

このひとこと・・・とてもいろんな意味を含んでいました。


私たち親(主人と私)も、これは・・。と考えさせられましたよ~。

そんな中で、「コーチングセミナー」てのに参加して学んできて、私たち親もだいぶ変わってきたんです。
これは、まず、とても重要なプロセスでした。


そして8月に入り、
今月はNHK・Eテレ 「100分de名著」のゲスト講師が 諸富祥彦先生(明治大学文学部教授)だったんですが、
この先生が以前何度か楽園という冊子の中の記事を書かれたものを、私=読ませて頂いてまして、
心に響くものがあり、記憶に深く残っておりました。

で、どういうわけかタイミングよく、こんな時にTVに御登場。
しっかりみましたよ~。

で、
その、以前掲載された楽園の記事ここに打ち込もうと思ったんですが、とにかく文字数が多い。
しかしネット上探しましたら、
そのエッセンスをみごとにまとめたものがありましたので、以下(追記のところ)をお読みくださいませ。
全て重要部分です!


記事はこちらからいただいてきました。

   → 教育に生かすフランクル心理学
 



おかげさまで、
次男=数か月お休みしていた大学へ再び通う気持ちになりました。(ほとんど引きこもってたんですが)
盆休み明けからバイト通いはじめて、今日もがんばっていますw
新学期(後期)が始まったら学校にも行けると思います。

コーチングセミナーの先生、諸冨先生、今まで相談にのってくださった方々や力になってくださった方々にたいへん感謝しています。
ありがとうございました。

(次男君へ、まだまだこれからなので、がんばろう~。)




続きを読む

スポンサーサイト
次男が力をもらった言葉
ご無沙汰しておりましたm(_ _)m
家族に良い変化がありました。( ´ ▽ ` )ノ
取り急ぎ携帯からお知らせします。

我が家の次男が力をもらった言葉・・
( 近況等がまだ私のほうでまとまっていないのですが、)
とても良い内容ですので、ご覧頂きたく お願い申し上げます。

NHK Eテレ 100分de名著「フランクル・夜と霧」8/22(水)午後11時~。第4回、先行きの見えない不安が広がっている今、わたしたちは生きる希望をどのようにして見いだすべきか。 http://t.co/ZllXrYgn
震災に関する社会心理学からの提言と情報
東日本大震災を乗り越えるために:心理学からの提言と情報
  →日本社会心理学会(2011.3.16-)

≪東日本大震災に関する社会心理学からの提言と情報≫
このたびの東日本大震災で被災された方々に心からお見舞いを申し上げます.日本社会心理学会は,社会に生きる人々のこころと行動を研究する研究者の集まりですが,この震災に際して,一市民としてだけでなく研究者として何ができるか考えております.その第一歩として,今回,広報委員会が中心になり,社会心理学の研究成果を利用しやすい形で提供できるようにリンク集を開設することになりました.この試みが,救済や復興に向けた活動に少しでも役立つことを願うものです.


社会心理学からの提言…ということで、こちら↑のページにいっていただくと、
・現に被災地にある方々(被災者,支援ボランティア)を主たる対象とした提言へのリンク集
・非被災地にある方々を含む一般市民の方々を対象とした提言へのリンク集
・研究者として,あるいはメディア報道の立場から震災に関わる方々を対象とした提言へのリンク集
などが有ります。
必要な項目が有りましたら読んでみてください。

ネット等での沢山の情報収集が容易になった現在、あまり読みすぎると混乱しますよね。。
自分に今本当に必要な情報のみ選んでもよいのではないでしょうか。
こころが疲れきっている方多いですもんんね。。


  →非被災地における被災者支援について


(つづきもよろしかったら↓)

続きを読む

私たちができること
今日の神戸新聞(朝刊)の精神科医香山リカ先生の記事が良かったので、
探してみましたら同じものが有りましたのでUPしますネ↓


私たちができること…香山リカさん寄稿

「あなたの力が必要」その日のために
   北海道新聞 (3/18)

 これを読んでいるあなたは、とりあえず今は安全な場所にいるのだろうか。

 だとしたら、どういう状況であるかにかかわらず、まずは「私は、大丈夫」と自分に声をかけ、安心させてあげてほしい。

 もちろん、親族や友人と連絡が取れなかったり避難所や病院にいると聞かされたりして、「とても、自分を安心させるなんて無理だ」と思う人もいるだろう。懸命の救援活動の映像を見ながら、「自分のことなんて、今はとても考えられない」と憤りにも似た気持ちを抱く人もいるかもしれない。

 それでも私は、「まず自分を励まして」と言いたいのだ。

 日本を襲った未曽有の大惨事。今はこの国に住むほとんどの人たちが、この大災害に関する情報、そしておびただしい映像に連日、接し、これまでとは違った毎日を送っている。たとえ直接、大きな揺れを感じたり津波を目撃したりしていない人でも、かなりリアルな「疑似体験」をしていると言っていい。

 そうなると、私たちの心は、被災地にいる人にも匹敵するような大きなダメージを受ける。そこには心の傷、つまりトラウマも発生する。実際、テレビの映像だけから深刻なトラウマ後遺症が発症した例が、アメリカの同時多発テロの後、いくつも報告されている。

 眠れない。不安で胸がザワザワする。気持ちが落ち込んで無気力になる。逆に、「何かしたい」と思い、目的もないまま動きまわってしまう。人と話していてもやたらとイライラする。これらは、すでに心が深刻な傷を受けていることを意味している。

 被災地で実際に大きな打撃を受けた人が無数にいるのに、そこから離れた場所にいる人までが、トラウマで心身を病んでしまったらどうなるだろう。助けの手を差しのべるべき立場にいる人が、心のケアを必要とするようになる、といった事態は、何としても避けなくてはならない。

 これからは、日本中がお互いを支え合い、励まし合って、立ち直っていかなくてはならないのだ。そのためにも、まずすべきことは、自分で自分を守ること。そうできる人は、ゆっくり体を休め、食事をきちん取り、お風呂に入って体をあたためる。「被災地の人に申し訳ない」と思う気持ちもわかるが、そうやって自分を維持することが直接、被災していない人の義務だと思う。

 「あなたの力が必要」と言われるその日に備え、自分の生活と健康を守る。それが今、私たちにできる最大限のことなのではないだろうか。



(続きはユーミンさんの曲↓)

続きを読む

教育―次の世代に何を伝えるのか ①
「教育―次の世代に何を伝えるのか」 その①
龍村仁(映画監督)・中井弘和(副学長)・司会:浜渦辰二(本誌編集委員長)


◆「人間と地球環境」から

――2年前に静岡大学創立50周年記念の行事が「人間と地球環境」という統一テーマで行われ、その一環として龍村監督の映画『地球交響曲(ガイアシンフォニー)第三番』の上映会と講演会が行われました。現在監督が製作中の『第四番』には「21世紀を生きる子供たちへ」という副題がつけられていて、それは教育の根本に関わる問題でもあるということで、今日は、その関連でお話をお聞きしたいと思います。

続きを読む

プロフィール

かぼちゃん

Author:かぼちゃん
ふたりの男子の母です
松山ケンイチさん大好きだぁw

フリーエリア
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。